スクリーンショット 2015-05-06 2.08.27

自動バックグラウンド更新を無効化する簡単な方法

WordPress3.7以降からコアファイルが自動更新に…

WordPress3.7以降から、「自動バックグラウンド更新」が提供されるようになりました。

基本的には、何か特別な事情が無い限り、この機能を停止する必要はないかと思いますが、「アップデートされたら今のプラグインが対応できなくなってしまうのでは…」とか、「アップデート?今動いてるWebサイトが止まってしまったりしたら嫌だ…」という方に、今回はこの「自動バックグラウンド更新」を簡単にコントロールするプラグインをご紹介します。

Advanced Automatic Updates

設定の手順は下記の通りです。

インストール・有効化
  1. 管理画面のプラグインから「Advanced Automatic Updates」を検索してインストール、もしくは「Advanced Automatic Updates」からダウンロードしてFTPなどでアップロード。
  2. プラグインを有効化するとメニューに「アドバンスド自動更新(Advanced Automatic Updates)」という項目が追加され、そこで自動更新の有効・無効や通知メールなどの各設定を行う。
使い方

automatic_update

設定画面も特にわかりにくい箇所はなく、基本的にチェックボックスやラジオボタンで選択していくだけで簡単に各自動更新に関しての設定が行えます。

また、デフォルトでは管理者宛に更新通知メールが届きますが、何らかの理由で別のメールアドレスに変更したい時には「通知メール」にある「通知先メールアドレス」の入力フォームにメールアドレスを記述すれば変更することができます。 最後にページ下部にある「変更を保存」ボタンで設定を保存することができます。

プラグインに関しての詳細やダウンロードは以下よりどうぞ。

Advanced Automatic Updates

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>