富裕層プライベートジェットアプリ、サウジマネーなど乱入で競争激化


プライベートジェット界のウーバー、あるいはネットフリックスとも呼べる専用アプリサービス「ジェットスマーター」がこのたび、サウジアラビア王族の投資家と、著名HIPHOPアーティストのジェイZさんから新たに2000万ドルの出資を受けたことを発表した。所有に伴う手続きなど時間的な、またメンテナンスなど金銭的な制約を回避できるというメリットがあり、会員は月額800ドルでプライベートジェット乗り放題だ。さらには今年に入ってから、月額2000ドルで競合他社「ビーコン」も出現し750万ドルの新たな出資を受け、課金型のアプリUbair、Victorも健在で今後注目されるサービスとなりそうだ。

※このページは日本最大級の富裕層向け情報専門メディア ― YUCASEE media(ゆかしメディア)の情報を転載しております。